バイクユーザー車検

ジスペケを車検用に変更

ジスペケを車検用に整備します。

 

現状では車検には通りませんので、車検で合格するためのパーツ変更を行っていきます。
変更するパーツはこれらのもの。

 

ノーマルサイレンサー、ヘッドライトアセンブリー、リフレクター、バックミラーです。

 

サイレンサーは音量で引っかからないため、ヘッドライトは光量不足対策として、リフレクターは法律で義務づけられています。バックミラーは普段RGVΓのものを付けていて全幅が車検証と異なりますからノーマルに戻します。

 

以上が主な変更点です。

 

 

まずはサイレンサーをノーマルに変更します。

 

次にリフレクターを取り付けます。普段はダサいので取り外しています。

 

次にヘッドライトの交換です。
古くなってくると、ヘッドライトのレンズが白くにごってしまって、光量不足で検査が通らなかったことがありました。なのでその時にヘッドライトの新品を購入した経緯があります。もともとこの年代のバイクは電装系が弱いといわれていましたから、ライトの明るさが非常に暗いです。車検用としてヘッドライトを新品にしましたが、それでも光量検査でははぎりぎりでした。

 

 

ヘッドライトが新品にもかかわらず光量テストでアウトになるときがあるんです。
そのための対策として、バッテリーの+端子からランプの端子に直結して明るさを増してやってます。

 

 

途中でスイッチをかませています。

 

よくわからないでしょうから図に書くとこうです。
図ではわかりやすく書いているのでスイッチは描いていませんが、図の中で言うプラスの配線途中にスイッチをかませる感じです。
そうすれば付きっぱなしを防ぐ事が出来ます。

 

ノーマルの状態(ハイビーム時)

 

スイッチオン(スーパーハイビーム!?)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次にバックミラーです。
RGVΓとジスペケはよく似ていますが、アームの長さが違います。ただマウントは同じなのでボルトオンで取り付け可能。

 

なにせ後ろ側が割れていてガムテープ補修してあるのも交換理由のひとつ・・・

 

あとはクラッチワイヤーの取り回し。
普段クラッチワイヤの取り回しが酷く、クラッチレバーがとても重いんです。
なのでワイヤの抵抗を極力少なくするために取り回しを自然な状態にしています。
それが車検ではまずいので元に戻す作業です。

 

このように配線を変えます。

 

これで完成

 

 

あとはタイヤの空気圧とか、タイヤの溝の深さ、チェーンの遊び、ランプ類の点灯、オイル、冷却水の規定など基本的な点検調整をしておけばOKです。

 

所要時間は1時間ほどかかりました。

 

次は自賠責保険の加入です。
車検前にバイク屋に行って事前に入っておくと、車検当日の手続きが少しでも簡略できます。

 

 

 

自賠責保険に入る

 

Sponsored Link